コンテンツへスキップ

学校でイジメにあい、ハゲと言われ続けて円形脱毛症になってからの改善について

私は、中学校、高校、専門学生時に、よくイジメに合い、その度にハゲですとか、心無いことを言われることが多かったのですが、専門学生時代にいきなり、天頂部の写真を取られ、それをネタに髪が少なく、薄いことでイジメられたのですが、気にすれば気にする程、天頂部がどんどん薄くなっていき、自分でも写真を撮って、気付いたのですが、完全に円形脱毛症になっていることに気付きました。これには号泣しまして、何か対策を立てなければと思い、対策として、「気にしないこと」を主眼において、自分は最初からハゲている遺伝で元々ハゲであると自分に毎日暗示をかけるように強く自分に言い聞かせた結果、お風呂に入ってる時も、友人やクラスメイトからハゲと言われても、元々ハゲてるからと次第に言い返せるようになり、数年経過したある日に自分の天頂部を再度確認してみると、円形脱毛症がなくなり、以前と同じ状態に戻っており、歓喜した経験があります。病は気からで思い込んでしまったら本当にそうなってしまうので、何事も気にしないことが重要なのだと思いました。