コンテンツへスキップ

後遺症の改善体験について

家族が病気になった時に後遺症が残ったのですがそれからリハビリをしたおかげで思った以上に後遺症の症状が改善したというのがありました。最初は家族が病気になって後遺症が残った時にもうその症状がずっと残るかと思ったのですがそういう事は全くなくてリハビリをしているうちに症状が良くなっていました。特に最初は体の動きがかなり鈍くなっていたのがリハビリをして普通に体が動くようになったのは驚きました。確かにリハビリをすればある程度は症状が良くなる事もあると思っていました。ですがそれもまさか病気の後遺症で体の動きが不自然になった以上はもうその症状と付き合っていくしかないと思っていました。ですがリハビリをしっかりやったおかげで体がほぼ普通の人と同じように動かせるようになったのはかなり驚きました。ですがこの体験があったおかげで後遺症が残ってもそれなりに努力すれば後遺症も良くなると思ったので後遺症が残っても諦めないのが大事だと思いました。